消化器内科|千里丘かがやきクリニック|吹田市長野東の内科・消化器内科

〒565-0816 大阪府吹田市長野東19-6
06-6878-3303
WEB予約はこちら
ヘッダー画像

消化器内科

Gastroenterology

消化器内科|千里丘かがやきクリニック|吹田市長野東の内科・消化器内科

消化器内科

Gastroenterology

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓などの病気に関する専門的な診療を行っております。診療可能な消化器疾患としては、胃炎・腸炎、逆流性食道炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍(胃痛、腹痛)、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変、胆石、胆のうポリープなどがあります。

次の症状がある方はご相談ください

  • 胸やけ
  • ゲップ
  • 吐き気
  • 胃の痛み
  • 食欲不振
  • 胃の不快感
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便
  • 全身倦怠感
  • 黄疸
  • 検診異常(便潜血反応陽性、ピロリ菌陽性、肝機能異常)

逆流性食道炎

胃酸を含む胃の内容物が、食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態です。加齢や糖質の過剰摂取、ヘリコバクターピロリ感染症の減少、喫煙・飲酒などの生活習慣、肥満が要因となり、近年増加しています。主な症状は、胸やけ、胸の痛み、夜間の咳、のどの違和感などです。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息する菌で、胃潰瘍・胃炎や胃がん、十二指腸潰瘍の原因となります。感染経路はまだ解明されていませんが、幼少期に感染し、一度感染してしまうと、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。抗生物質2種類と胃薬の計3種類のお薬を1週間内服する治療があります。一度除菌に失敗しても、抗生物質を変えることで再度除菌治療が可能です。ただし、除菌治療に使用するペニシリン系の抗生物質にアレルギーをお持ちの方は、健康保険による除菌治療ができません。

食道がん

食道がんは、初期には自覚症状がないことがほとんどです。自覚症状としては、胸がちくちくするような感覚、食事がつかえるような感覚があります。進行するにつれて、体重減少などの症状が出現します。食道がんの原因は、おもに飲酒と喫煙です。初期の段階で発見することができれば、内視鏡治療で治癒が望めます。内視鏡の性能が近年格段に向上し、早期に食道がんを見つけることが可能になりました。専門医による定期的な内視鏡検査をおすすめします。※当院では、富士フイルムの最新内視鏡システムを導入しています。

胃がん

胃がんは、肺がんに次いで日本人に最も多いがんの一つです。胃がんは、早期に発見できれば内視鏡治療のみで完治するため、早期発見が大変重要です。内視鏡の性能が近年格段に向上し、胃がん検出率が向上しています。早期胃がんの内視鏡診断に精通した専門医による定期的な内視鏡検査をおすすめします。

大腸がん

近年、日本人の大腸がん罹患率は増加の一途をたどっており、年間15万ほど診断されています。平均寿命が延びていることに加えて、食生活や生活習慣の欧米化が原因と考えられています。大腸がんは治療効果が高く、早期であればほぼ100%完治するため、早期発見が大変重要です。大腸がんも他のがんと同様、初期の段階では無症状であるため、まだがん化する前の小さなポリープのうちに発見のためには、定期的な内視鏡検査が非常に有効です。特に血縁者に大腸がんに罹った人がいる方や肥満や糖尿病をお持ちの方には、定期的な内視鏡検査をおすすめします。※当院では、AI補助診断システムが内蔵された最新内視鏡システムを導入し、ポリープや大腸がんの検出率向上に努めています。

胃カメラについて

Gastroscopy

鼻または口から内視鏡を挿入して、咽喉頭・食道・胃・十二指腸の病気を調べる検査です。粘膜の状態を細かく観察して、炎症や潰瘍、ポリープの有無などがわかるだけでなく、内視鏡の性能が向上しているため、数㎜の早期がんを発見することもできるようになりました。当院に導入している胃カメラは、極細径(先端部:5.8mm)の最新のものです。細くても非常に明るくて高解像度のカメラですので、精度の高い検査が可能です。異常が見つかった場合には、必要に応じて小さな組織を取り、病理医が顕微鏡による診断を行います。検査にかかる時間は5分から10分程度です。胃カメラ・大腸カメラ両方が必要な場合は、同じ日に続けて検査を受けていただくことも可能です。

大腸カメラについて

Colonoscopy

肛門から大腸内視鏡を挿入して、肛門、大腸、回腸の末端まで(小腸の末端)の病気を調べる検査です。粘膜の状態を細かく観察して、炎症、ポリープの有無がわかるだけでなく、内視鏡の性能が向上しているため、数㎜の早期がんを発見することもできるようになりました。さらに、当院ではAI補助診断システムを内蔵した最新内視鏡システムを導入し、小さなポリープや早期大腸がんの検出率向上に努めています。異常が見つかった場合には、必要に応じて小さな組織を取り、病理医が顕微鏡による診断を行います。検査にかかる時間は、ポリープ切除がなければ15分から20分程度です。胃カメラ・大腸カメラ両方が必要な場合は、同じ日に続けて検査を受けていただくことも可能です。